インテリアことなら、宮城県仙台市のファニチュアヒロシにお任せください。アンティーク椅子・ソファ・テーブル等のアンティーク家具修理・補修も全国対応。

ヨーロッパの豊かな暮らしをお客様と一緒に考えるお店

アンティーク家具 ファニチュア ヒロシ

〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町2-5-15

受付時間:10:00~18:00(毎週木曜、第3水曜日を除く)

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

東京オフィス:03-4405-6088

022-225-0564

モリスの部屋 Wiliam Morris
2階に移動しました。

2階に新たにモリスの部屋を作りました。デザインカーテン、アンティークのMorrisチェアがたくさん揃いました。オリジナルグッツ クッション・テーブルクロスも展示しています。

ウイリアム・モリス

 

 

William Morris(1834~1896)

モリスとは,英国人ウイリアム・モリスのことです。

近代デザインの創始者と謳われる19世紀のイギリスで最も傑出した芸術家、デザイナー、詩人。
イギリスの産業革命後の機械化による大量生産と職人軽視の時代のなか、装飾芸術の分野で手仕事の重要性を強調しました。
「美しいと思わないものを家においてはならない」と語り、手仕事から生まれる自然に根ざした美しさを発表し続け、草花や樹木をモチーフとしたファブリックスや壁紙は今も新鮮な魅力に満ちています。
彼が残したデザインから生まれるコレクションは、今日も世界中の人々へ不変の美しさを届けています。

 

 

   

モリスチェアをごらんください。

詳しくはこちらをクリック

 

モリスギャラリー イギリスLONDON

イギリスロンドンの東郊外ウオルサムストウにある素敵なモリス博物館です。モリスが実際に住んでいた家で一般公開しています。中心部からバスで1時間ぐらいで行けるところなのでお勧めスポットです。

http://www.wmgallery.org.uk/

1860年頃の英国は産業革命の影響で、どんどん手仕事が機械に置き換えられ、安易な物があふれていました。こんな世相に反発しモリス達がかかげた理念は、手仕事による芸術性をとり戻そうとするものでした。1880年代になると、モリス商会と同じような理念をかかげる工房やアトリエが多く生まれました。1888年開かれた展覧会の名をもって、彼等の運動は後年「アーツ&クラフト運動」と呼ばれるようになり、ヨーロッパのアールヌーヴォー様式や、日本の民芸運動にも大きな影響を与えました。

 New PURE MORRIS シリーズ

PURE MORRIS(ピュア・モリス)

現代の私達の暮らしふさわしい表情で甦りました。ウイリアム・モリスのデザイン哲学である「シンプル・オブ・ライフ」をエッセンスとして引き出されたモリスの新たなるコンテンポラリーな魅力をご覧ください。

桐の木で、モリスのデザインで見かけるイメージです。

モリス紹介の歴史あるオリジナル(1900年ごろ)

モリスのデザイン

少年時代を自然に囲まれて過ごしたウイリアム・モリスは草花うあ鳥をモチーフに数々の

名品を残しています。日常の暮らしの中から生み出された美しいデザインです。

PURE MORRISの生地見本長と壁紙の見本帳をファニチュアヒロシで展示しています。

いちご泥棒

『いちご泥棒』Strawberry Thief (1883) Designed by William Morris

ファニチュアヒロシ3階にある「モリスの部屋」にいちご泥棒の生地で張り込んだ一人掛けのソファ&スツールが展示してあります。楽しデザインで色使いがきれいな、現代の暮らしの中に取り入れやすい人気のファブリックです。色違いの4色ありすべて人気です。

少し生地のデザインについての説明です。

いちご泥棒のデザインは、園芸家たちの日常の暮らしの中にある小さな悩みからインスピレーションを得ています。モリスはケルムスコット・マナーでいちごを育てようとしましたが、食いしん坊の鳥たちに食べられてしまいます。

ファニチュアヒロシ  モリスの部屋

アンティーク家具とウイリアム・モリスの世界を楽しんでいただける部屋を2階に作りました。実際にイスやソファを張り替えた商品を身近に感じてもらえるように英国アンティークのイスや現代家具にもモリスのデザインがどのように取り入れ私たちの暮らしに溶け込めるかを見てほしいです。カーテン・椅子張り・クッション・テーブルクロス・ランチョンマット・ベッドスプレット・ランプシェード・ひざ掛け・タペストリー・カーテンなどお好きな生地でお作りすることが出来ます。

それと、壁に使えるイギリスのF&B水性塗装も始めましたので、3階ショールームでご覧ください。壁紙とペイントの組み合わせで別のお部屋を替える実例もあります。

 

ウイリアム・モリスと日本

2014年9月30日Sanderson社の元最高責任者マイケル・パリー氏が来日してモリスの生地を取り扱うマナトレーディングのショールームでMORRISCoのストーリーというセミナーを聞いてきました。モリスのデザインには日本の文化、伝統、禅、自然、食事などから影響をうけて独自のデザインを作り上げたようです。

ウィロボーは日本画の柳を見て連想してデザインしたようです。   

西洋インテリアに異文化を取り入れ、装飾芸術を作りだし100年以上過ぎた現在でも世界中から愛されています。日本の影響を受けてデザインされたモリスの生地は世界75か国に輸出されており、ナンバーワンは日本だそうです。日本の文化を取り入れられているモリスのデザインは逆輸入されて我々の生活に溶け込み暮らしの一部になりつつあると思います。1862年ロンドン万国博覧会がロンドンのハイドパークで開催され日本が600点を超える物が出展されたようです。日本人が選び展示した訳ではなくイギリスの在日総領事の外交官が集めていたコレクションを展示したようです。そのために日本人の感覚とは違ったようで日常生活で使われた物が多く日本の使節団は他国に比べみすぼらしくガラクタを展示してと思ったようです。

でも、イギリスでは高い芸術性と精巧な技術に注目されて「ジャポニズム」の流行がパリを中心にヨーロッパで爆発的な人気がでたようです。展示された物は、漆器、わら細工、籠、陶磁器、冶金製品、和紙、革製品、織物、彫刻、絵画、挿絵、版画、機械、教育用の作品と器具、玩具などです。

日本のものづくり技術の素晴らしさが認められ取り入れたこそ私たちの生活にどことなくなじむのかもしれません。

 

●ウィリアム・モリスの生涯●

  (1834~1896)

 

1834年0歳3月24日、富裕な家庭の長男としてロンドン郊外のウォルサムストウ、クレイ・ヒルのエルム・ハウスにて誕生。
1851年17歳モールバラ・カレッジにて学内騒動が起こり自主退学。
ウォーターハウスへ転居。少年時代の約8年間(1848年から1856年まで)モリスが住んだ家で、現在はウィリアム・モリス・ギャラリーとなっている。
1852年18歳聖職者を志し、オックスフォード大学に合格。
エドワード・バーン=ジョーンズ に出会う。
1855年21歳バーン=ジョーンズとフランス旅行をし、ジョン・ラスキン の影響を受け共に芸術家になる事を決意。
大学を去り、オックスフォードの建築家に弟子入りする。
1856年22歳先にロンドンへ来ていたバーン=ジョーンズが、ダンテ・ガブリエル・ロセッティ に弟子入り。
バーン=ジョーンズを通じてモリスもロセッテイ に出会い、画家を志す。
1857年23歳オックスフォードの学生会館フレスコ画製作に参加。
この時、ロセッティがモデルとして探し当て、連れていたジェイン・バーデン と出会う。
1859年25歳ジェイン・バーデンと結婚。
1860年26歳モリスの友人フィリップ・ウェッブ建築によるモリスとジェインの新婚の家、レッド・ハウス完成。
1860年代 モリスとジェイン、ジェインの妹がレッド・ハウスのために、『サンフラワー』 という壁掛けを刺繍。
この刺繍を基にして、2011年アーカイブ・コレクションで 『ジェインズ・デイジー』 が作られた。
1861年27歳長女ジェニー誕生。
モリス・マーシャル・フォクナー商会設立。
1862年28歳次女メイ誕生。
ロンドン万国博覧会でモリスのデザインした 『デイジー』 の刺繍の壁掛けが金賞を受賞。
1864年30歳リューマチ熱後、最初の壁紙 『トレリス』 デザイン。
壁紙 『デイジー』 『フルーツ』 デザイン。
1865年31歳商会がうまくいかず、ジェインも鬱病になる。レッドハウスを売却。
1868年34歳物語詩 『地上の楽園』 第一巻出版。
1870年36歳『地上の楽園』 最終巻により、モリスの詩人の評価が不動のものとなる。
1871年37歳スクロール』 『ブランチ』 をデザイン。
別荘となるケルムスコット・マナーをロセッティと共同で借りる。
ここでの生活でモリスの妻とロセッティとの関係が親密になり、モリスは深く傷つく。
1874年40歳壁紙 『ヴァイン』 などをデザイン。壁紙 『ウイロー』 商品登録。
1875年41歳モリス単独のモリス商会設立。
ファブリックと壁紙 『マリーゴールド』をデザイン。 『アカンサス』 が商品登録される。
1876年42歳ファブリック 『ハニーサックル』 『アイリス』 『ピンパネル』 『クラウン・インペリアル』 などを生産。
ファブリック 『コロンバイン』 のデザインは、2011年に 『ブルーベル』 としてアーカイブ・コレクションで復刻。
1877年43歳ファブリック 『フルーツ』 などを生産。
1878年44歳ファブリック 『ピーコック&ドラゴン』 をデザイン。
ハマースミス近くのケルムスコット・ハウスへ転居。
ケルムスコットマナーにちなんでケルムスコットハウスと命名。
寝室に織機を置き、タペストリーを織り始める。
この頃の作られたラグにはハンマーと川のマークが織り込まれている。
現在、ケルムスコットハウスは、1953年に設立されたモリスの作品や理念を世界に広げるウィリアム・モリス・ソサエティの本部となっている。
1882年48歳ロセッティ54歳で死去。
ファブリック 『ブレアラビット』 『バード&アネモネ』 『ローズ&ティッスル』 製作。
1883年49歳ファブリック 『ケネット』 をデザイン。人気柄 『いちご泥棒』 商品登録。
1884年50歳社会民主連盟の機関誌 『ジャスティス』 創刊。執筆と資金援助を行い、自ら街頭で販売。
ファブリック 『クレイ』 デザイン。
1885年51歳壁紙 『ガーデン・チューリップ』 をデザイン。
社会主義同盟を結成、モリスを編集長として同盟の機関誌 『コモンウィール』 を発行。
次女メイ・モリス、商会の刺繍部門の監督となる。
1887年53歳壁紙 『ウイローボウ』 デザイン。
1888年54歳壁紙 『オータム・フラワー』 デザイン。
1890年56歳ケルムスコット・プレス設立準備のため、活字のデザインに熱中。
1890年代 ジョン・ヘンリー・ダールがデザインした 『マリー・イザベル』 が刺繍される。
1891年57歳次女メイ・モリスがケルムスコット・マナーのモリスのベッドのカーテンを刺繍。
その刺繍からインスパイアされ、2011年 アーカイブ・コレクションで 『ケルムスコット・ツリー』 がデザインされた。
農業など生産活動が人の手で行われ、労働と芸術が結びついている中世的な 『ユートピア』 を描く。
宮沢賢治の考える理想郷イーハトーブはモリスの流れを汲んで出来たものだといわれている。
糖尿病となる。
1894年60歳ジェイン・モリスが、ケルムスコット・マナーのモリスのベッドカバーを刺繍。

1895年

61歳その刺繍からインスパイアされ、2011年 アーカイブ・コレクションで 『ケルムスコット・トレリス』 がデザインされた。
1896年62歳

10月3日、ケルムスコット・ハウスにて死去。

 

 

 

∞お客様紹介∞

『賢治とモリスの館(作並)

 

仙台市内から山形方面に車で40分ぐらいの作並温泉近くの個人の別荘を森のミュージアム賢治とモリスの館として開放しています。ファニチュアヒロシで家具やイスを納めコーディネートさせていただいています。300坪のイングリッシュガーデンが素敵で館長の大内秀明様のモリスと宮沢賢治の関係などお話を聞くことが出来ます。(要予約TEL022-395-2567)予約をすれば素敵な個人の別荘でフルコースの食事をすることが出来ます。

こちらの館をお借りしてウイリアム・モリスのセミナーを行いましたのでご紹介させていただきます。

賢治とモリスの館詳しくはこちらをクリック

1部では、ウイリアム・モリスの輸入ものであるマナトレーディング株式会社のご協力を得てモリス商会創立150周年記念「アーカイブコレクション」を紹介させていただきました。その後館長大内秀明様(東北大学名誉教授)より宮沢賢治とウイリアム・モリスの関係やイギリスのモリスの家やアーツアンドクラフツのお話を伺いました。

マナとレディング詳しくはこちらをクリック

2部では、宮城学院女子大学教授吉村典子様に「モリスとインテリア芸術」についてお話をしていただきました。

ビクトリア時代のカントリハウスの図面をもDining RoomとDrawing roomの使い方や当時の貴婦人のファッションについてやAfternoon Teaの楽しまれ方を説明していただきました。Drawing roomは、食事の後に女性がお茶を飲みおしゃべりと楽しむ部屋で暖炉を中心に高さの低いイスに好きなようにイスを配置して楽しんだようです。今の女子会のような感じです。モリスが住んでいた家やモリスの生地の名前は川の名前を取り入れたウイリアム・モリスへの旅を紹介してもらい、モリスの主な活動思想をお聞きしました。

出席者の皆様にはAfternoon Teaを楽しみウイリアム・モリスの生地を使いインテリアを楽しめる実例もご紹介しました。装飾芸術であるアーツ・アンド・クルフツ運動の手仕事の大切さをイギリスの画像を見ながら話を聞けて大変為になりました。吉村典子様はイギリス文化を専攻しており専門はイギリスタイルを研究しておられます。

 

賢治とモリスの館の館長 大内秀明様がモリスについて出版しています。

吉村典子様の出版されている

「ヴィクトリア時代の室内装飾」・女性たちのユ・-トピア」

「ミントンのタイル -千変万化の彩り」

お問合せはこちら

早く帰りたくなる家を実現するためにお客様と一緒に考え実現する会社です。インテリアで、わからない点やご相談などございましたら、お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

仙台店

お気軽にお問合せください

  お電話でのお問合せはこちら 仙台本店

022-225-0564

受付時間:10:00~18:00(木曜、第3水曜を除く)

東京オフィス開設

平成28年7月27日に東京銀座にオフィスが出来ました。インテリアのことで、イスの張替え、家具の修理などについてなどわからない点やご相談などございましたら、お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。ご要望に合わせてお話させていただきます。

東京オフィス

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら 東京オフィス

03-4405-6088

受付時間:10:00~18:00(木曜、第3水曜を除く)